風波板「ウインドサーフィン」 海で暮らす日々。

湘南江の島でのウインドサーフィンや海での出来事、プラーベート等、日常で起こったことを気ままに載っけていきます。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  155

□ワンポイント

ワンポイントスクール

最近よくスクールで言っていること。
【後ろ手の持つ場所】
これは、走り出しや、タックの乗り移った時・
ジャイブのセイル返しをした後、
そのまま、落ちてしまったり、
セイルを落としてしまったりしていませんか?

この原因は、ブームを最初につかむところが問題
となっています。
ハーネスラインよりもマスト寄りを持っている人は
上に書いたとおり、失敗しやすくなります。

次に走り出すためにはハーネスラインよりも後ろを一度で
持てるようにすることが大切。
もし一度で持てなくても、すぐにハーネスラインよりも
後ろに持ち帰るようにしましょう。

ちなみにヘリタックやセイル360にも通用します。

うまい人達を見て確認してみてください。
スポンサーサイト

別窓 | windsurfin | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<□ビビンバ | 風波板「ウインドサーフィン」 海で暮らす日々。 | □記憶消失>>

この記事のコメント

No.100 なるほどって感じです
セイル手の位置は以前より何回もご指摘戴いたので理解していたつもりでしたが、前回2/25のスクールでようやくつかめたかな、って感触です。
セイル手と足の位置を走りだしのために備えることに、これまで以上に気をつかいたいですね。
#ビーチスタートしたい
2006-02-27 Mon 22:20 | URL | T田 #Fkb.ExCs[ 内容変更]

No.102 手の使い方
最初は主に前の手(マスト手)を使いますが
その後は後ろの手(セイル手)がメインとなっていきます。
風が弱いときから練習していきましょう!
2006-02-28 Tue 09:45 | URL | teppei #-[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

厳選したカーボンを100%使用。軽量、高硬度、高強度のカーボンブーム。たわみがなく、反応が早い。セイルのフィーリングをシャープに感じ取れる。 ●サイズ FOMURA 220cm-260cm FOMURA 250-310cm●カラー A-TYPE●グリップ径 26パイ26パイ径のパイプを採用したプロライン …
∧top | under∨
| 風波板「ウインドサーフィン」 海で暮らす日々。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。